男性

生きているうちにできること|生前整理をする理由

早いうちに取りかかろう

家族

残された人生を前向きに

4人に1人が高齢者という現在の日本では老いて動けなくなってからではなく自分が元気なうちに「終活」を行う方も増えているという話をよく耳にするようになりました。終活は自分の死に向けて行う活動ではありません。残された人生、如何にして前向きに捉え丁寧に充実して日々を過ごすか模索する為には、決して欠かせない作業になります。中でも「生前整理」を行う事は、自分だけではなく家族にとっても一番大切な作業であります。元気なうちに「生前整理」を行う事により、万が一あなたが突然の終焉を迎えた場合でも、家族に心の負担や労力を掛けてしまうという心配が無くなるのです。家族が突然亡くなると悲しみに暮れる間もなく法的手続きや遺品整理などで残された家族が翻弄しているという話を聞く事があります。財産相続などは親族間で争うと厄介な事となりますので、自分の持ち物である財産の行く末に対して自分の意見をはっきりと伝える事や文書として残した公的遺言書を作成する事で親族間のトラブルは回避できます。「生前整理」において公的遺言書を作成する場合、証人という存在が2人必要になり、これは配偶者や直系血族、未成年者などは証人になれません。信頼のおける知人に証人をお願いする方法もありますが、プライベートな内容だけに無理なお願いをする事にもなり兼ねません。多少費用は掛かっても弁護士などの法的専門家に証人をお願いする方が賢明です。「生前整理」の必要性を知ればあなたも行動は早めが良いと判断されるはずです。