男性

生きているうちにできること|生前整理をする理由

元気なうちから始めたい

作業員

自分を見つめ直す良い機会

今ブームとなっている終活は、もしもの時に残された家族が困らないように、様々な事を整理や記録しておく事です。終活は自分の人生を振り返り、自分らしく旅立つ準備ともなりますので、元気なうちから始める事をおすすめします。終活を行う際に便利なのがエンディングノートです。これまでの自分史を書き込んだり、どんな葬儀を行いたいかや葬儀に呼びたい人はだれかなどを書き込んでおきます。また、遺産分与に関わってくる財産なども明記しておく事が重要です。残された家族がもめる原因の一位が遺産相続です。家族がいがみ合う事は悲しい事、それを避ける為にも財産の生前整理が必要なのです。相続に繋がる財産とは、家や土地、預貯金などです。他にも有価証券や骨董宝石といったものもあります。目録として記し、その保存先なども合わせて明記しておく事が重要です。財産には死亡後には高額な相続税が課せられる事もありますので、遺族の負担が少ない生前贈与を検討しておく事もおすすめです。相続は難しい問題です。弁護士や行政書士、司法書士に相談にのってもらうと良いでしょう。生前整理しておくのは財産だけではありません。今住んでいる家の中の品々も整理しておく事をおすすめします。不要な品は回収業者に引き取って貰ったり、リサイクルやリユースにまわしましょう。近年は生前整理アドバイザーや生前整理作業技能士という職業もありますから、何をどう片付けて良いか分からないという人は相談してみると良いでしょう。