夫婦

生きているうちにできること|生前整理をする理由

元気なうちから始めたい

作業員

残された家族が困らない為に行うのが生前整理です。生前整理には相続に関わる財産や資産の整理、家の中の品々(生活用品)などの整理があります。元気なうちから整理を始めるのは、家族の為でもあり、自分の為でもあるのです。

早いうちに取りかかろう

家族

「生前整理」は自分にとっても大切な家族にとっても早いうちに行う事が重要であります。元気で自分の意識がハッキリとあるうちに賢明な判断で行います。それによって残された人生を安心して前向きに生きられるのです。

格安料金で依頼が可能

ダンボール

若いうちから、生前整理や老前整理を行っておくことは、老後の余裕に繋がります。依頼したい部分を絞ってプロの業者に整理や処分を行えば、安い料金での利用も可能です。業者に依頼することは、時間がない方や自分で整理ができない方の手助けになります。

自分で区切りをつける

夫婦

残された人のために行う

近年、婚活や就活といった言葉が流行しましたが、同時に終活という言葉もよく聞くようになりました。終活とは、自分が死ぬ前に行う生前整理を意味します。人間いつか必ず死が訪れます。人間が長く生きていると、財産や家財道具などがたくさん残されます。残された家族に迷惑をかけないように、また自分の大切な物たちを自分の手で処分する生前整理を行うということが終活です。財産には不動産や遺産・保険などの金銭的なことの他に、家財道具などの処分もあります。それらを自分が死んだ後、誰にどのような形で残し、どれを処分してほしいなどをきめる生前整理は、自分の体が動かなくなったり、大病をする前に行う事がよいとされています。特に不動産や遺産などは、相続税や贈与税などがかかり、残された家族に大きな負担となる場合もあります。生前から税金のことを考慮し、贈与対象を決めたり遺書を残しておくなどをすることで、死後のトラブルを未然にふせぐことも可能になってきます。また、家財道具や思い出の品なども自分の手で生前整理したほうがよいとされています。親が亡くなって残された家財道具などを処分することは遺族にとって大きな負担となり得る場合もあります。特に物が捨てられないタイプの人は、家族のアドバイスやプロに相談し、早めに手を売っておくことが大切です。形見として渡しておきたい物のリストを作成したり、人形などは供養してもらうこともできます。藤井寺市の葬儀社の中には、自分自身の葬儀について相談を受け付けているところがあります。生前に葬儀の計画を立てておき、亡くなった時には個人の希望に合わせて葬儀を執り行うというプランです。生前に自分の希望を伝えておくことで、理想的な葬儀が行える上に、家族の手を煩わせずに済むことから人気のプランとなっています。生前整理をしておくことで、精神的に安定した老後を迎えることができるでしょう。